医療事務の資格を取れば将来安定した収入を得られる

婦人

受付や会計などの事務作業

病院

取得により採用率がアップ

医療事務とは、医療機関での来院患者の受付や会計といった、事務作業を行うスタッフです。医療事務は、基本的には無資格の人でも従事できる仕事です。しかし医療事務には民間資格があり、それを取得すれば、採用率を高めることが可能となります。なぜなら医療事務の仕事では、医療および保険における専門知識が必要となるからです。たとえば総合病院で勤務する場合は、来院患者のおおよその症状を確認した上で、適した診療科で受付をする必要があります。また会計時には、診療報酬点から患者への請求額を計算することになります。さらに患者が加入している保険ごとに、患者の自己負担割合が異なってくるので、その計算も必要となるのです。そのため医療機関では、そういった知識を持つ有資格者が、優先的に採用されているわけです。そのことから、医療事務として働くことを希望する人の多くが、資格取得のために、専門のスクールに通学しています。スクールごとにカリキュラムや授業の時間数が異なっていて、中には10日ほど通学すれば済むというスクールもあります。さらに通信講座を利用している人も多く、この場合は通学せずに、自分の生活リズムに合わせて学習を進めることができます。いずれの場合も、一通りの学習を終えることで、医療事務の資格試験に比較的高い確率で合格できるようになります。万が一不合格になったとしても、医療事務の資格試験はほぼ毎月実施されているので、次の機会に再チャレンジできるのです。