医療事務の資格を取れば将来安定した収入を得られる

婦人

医療の現場で役立つスキル

PC操作

取得のメリット

医療事務は、さまざまな医療の現場で受付、レセプト作成、会計、カルテ管理など幅広い業務を行う女性に人気の職業です。主に総合病院や開業医などの医療機関に勤めることが多くなるので、正社員だけではなく、パートやアルバイトとしての需要も高いのが特徴てきです。また、将来的に結婚や出産をしてからでも長く働き続けることができることが大きなメリットと言われています。高齢化社会が進むにつれてさらにニーズが高まっていて、直接医療に役立つ仕事ができるというやりがいも魅力の一つです。医療事務の資格としては、診療報酬請求事務能力認定試験という民間資格があり、医療事務を目指している多くの人たちがこの資格を取得するために勉強をしています。診療報酬請求事務能力認定試験は、多くの医療機関関係者にも認知されている信頼度の高い資格で、取得しておくことで、就職に際しても有利になることが多くあります。また、診療報酬請求事務能力認定試験では、保険制度をはじめとする医療の知識やレセプト請求のための知識が幅広く問われるものになっています。よって、資格取得のために勉強したことが、そのまま実際の医療事務の仕事をする時にも役立ちます。資格試験は医科と歯科に分かれているので、資格取得の勉強をする前に就業の希望を決めておくとスムーズです。資格取得のための勉強は、スクールなどに通学する手段のほかに、通信講座で学ぶ方法もあり、働いている人や子育て中の人でも自分のペースで時間を見つけながら勉強することができます。